日記っぽい何か

インフラ系っぽいエンジニアのメモっぽい何か ドラクエ10の記事はblogs.yahoo.co.jp/j_k54dqxに移転しました

2016年度のパーティ

8年前は観鈴、7年前は名雪、6年前は観鈴、5年前は名雪、4年前は観鈴、3年前は名雪、2年前は観鈴、去年は名雪ときたので
今年は観鈴です。

f:id:j_k54:20161226100232j:plain

ローストチキンが丸鶏になりました。今年は2chへ投稿しそびれた……。
なにはともあれメリークリスマス!

映画「聲の形」が描いたこえのかたち(全力ネタバレ有)

みなさんこんばんは、じょにーです。
聲の形を観てきました。いい作品でした……。

事前情報にて分かる通り、聴覚障害を扱った映画でしたが、そこにとどまらず
多くのテーマが描かれた作品だったと思います。
原作はまだ読んでないので深掘りはできてませんが、ひとまず映画からで
自分がこの作品で良いなぁと思った点を整理してみようと思います。以下盛大にネタバレ。

続きを読む

ポケモンGo Plusを使ってランニングを試してきた

ポケモンGo Plus 買いました

みなさんこんにちは。ポケモンGoしてますか?

f:id:j_k54:20160919120832j:plain:w300

先日発売されたポケモンGo Plusですが
発売日朝にAmazon覗いたら売ってたので即ポチ。翌日には届きました。
個人的にはランニングとの相性が良さそうというところが気になってましたので、早速試してきました。


6kmほど走った結果

f:id:j_k54:20160919120933j:plain:w300

はいそりゃまぁ獲れるポケモンは普段と変わりないよね…ということで
良かった点悪かった点などをまとめてみます。


良かった点

快適にポケモンの捕獲ができる

走りを止めることなくポケモンの捕獲ができますのでこれはマジで快適です。スマホのみでやってたらいちいち止まらないといけませんでしたからね。
Plus振動する→Plusのボタン押す→捕獲完了(逃げることもある) なので、スムーズにランニングと捕獲を両立できます。

快適にポケストップに触れる

捕獲と一緒ですが、これも快適です。バイブの振動回数で何個アイテムを取得できたかもわかります。(アイテム3個なら3回振動する)

振動とランプがわかりやすい

最初のうちは少し慣れが必要ですが、振動とランプの色で
何が起こっているか、意外と把握できます。
走るときは手首にバンドで巻くタイプの装着方法が良いです。衣服に挟む形式だとバイブを感じ取れなくなります。


イマイチだった点

アイテムが溢れる

ポケストップでアイテムを取得しまくっていると、まぁすぐにアイテムが一杯になります。
これはスマホでやっていても同じですが、あらかじめいらない道具は捨ててからランニングを始めるとよいかと思います。

孵化装置の入れ替えをしないといけない

これが一番めんどいかもですね。2km走るごとに孵化したタマゴのチェックと孵化装置のいれかえが必要になります。
ここが自動化されると最高なんですけどね~。

ポケストップ密集地で取り逃しがある

仕方ないといえば仕方ないですが、ポケストップがたくさん集まっているようなところだと
一つのポケストップに触っているうちに近くのポケストップを取り逃すことがあります。
まぁたいしたデメリットではないですが。

電池が心配

フルに使って一日で電池が切れたという報告もあるようですので、どちらかというとUSBとかで充電できるようになってると嬉しかったですね。

まとめ

いろいろとありますが、快適に走りながらポケモンGoできるのは素晴らしいです!
これから涼しくなりますし、ランニングが捗りそうですね~。

2015年度のパーティ

クリスマスなので毎年恒例のアレ

7年前は観鈴、6年前は名雪、5年前は観鈴、4年前は名雪、3年前は観鈴、2年前は名雪、去年は観鈴ときたので
今年は名雪です。

f:id:j_k54:20151224205403j:plain

はたしていつまで続くのやら。
そして名雪は昨日誕生日おめでとう!メリークリスマス!

ItamaeとServerspecを使ったサーバ構築と自動テストを試してみた

まえがき

こんにちはじょにーです。夏休みの自由研究です。
前から触ってみたかったItamaeと、Serverspecによるテストを行える環境を作ってみました。

こえむさんによる
Itamae + Serverspec でサーバ構築・テスト自動化 総仕上げ! | こえむの編集後記

こちらを参考に(というかほぼそのままなぞって)CentOS7にてItamaeとServerspec によるインフラ構築を試した記録です。
ほぼそのままなぞっただけですので、本来は記事として書くようなことでもないのですが、
特に予備知識なくそのままなぞった際に、うまくく動かないところがありましたので、トライアンドエラーを繰り返してかつそのまま記載しています。そのあたりの試行の参考になればいいなという感じです。

手順

IDCFクラウドにてCentOS7.1の仮想サーバーを2台準備しました

  • admin01
  • node01

上記にログインして進めていきます。
admin01を作業環境として、
node01にmysqlhttpdphpをインストール&テスト という使い方をしてみます。

続きを読む

CEDECとCESAのサイトが第三者によってハッキングされている可能性があるとGoogleより警告→解除 その後メンテナンス状態→2日後に解除

タイトルが長いですね。タイトルしか読まない方向けです。
こんにちはじょにーです。CESA/CEDEC関連のいろいろについて観測したことをまとめておきます。

# 2015/07/30 11:56 公式からの発表内容を追記しました
# 2015/07/30 14:24 公式サイトの復旧を追記しました

CEDECとは、日本最大のゲーム開発者向けカンファレンス・技術交流会で、主催が一般社団法人コンピュータエンターテインメント協会 (CESA) となっております。

7/28夕方頃、Googleによる警告に気づく

昨日(7/28)の夕方頃に、CEDECのセッション情報を見に行こうとしてGoogleCEDECと検索すると、妙な文字列が出てることに気づきました。



Googleによる「このサイトは第三者によってハッキングされている可能性があります。」という警告ですね。

調べてみると、まぁそのままの内容ですが改ざんされている可能性があるから気をつけろという警告文でした。
サイト内検索で「site:example.com sales」とか検索すると確認できる例があったので、salesそのままでは引っかからなかったのですが



"激安"という単語でわらわらと確認することが出来ました。cesa.or.jpまるごと、ページ改ざん・不当設置の被害に遭っていたようです。
検索結果を見るとこの時点の3日前、つまり7/25くらいから改ざんページの履歴があるようです。
twitterで情報共有し、数百RTほど拡散され、親切な方が本部へ報告してくれたりしました。

この時点では既に怪しいリンクを踏んでも404になっていたようですので、改ざんされた(不当に設置された)ページの削除はされていたものと思われます。
Googleによるクロールで検知された改ざんは、Googleに再審査を要求しないと消えないようですので、この時点では審査待ちの状態だったのかもしれません。

夜になってGoogleの警告文が消えるが、サイトはメンテ入り

その後夜になってから確認したところ、Googleによる警告文は消えたようですが、サイトはメンテナンス状態になったようです。

これ以降、現在(2015/07/29 10:40)まで、メンテナンス状態は解除されていません。

以降、メンテナンス状態が続く

5000円の割引となる早期割引の期限が7月31日までだったようで、今後どのような対応がされるのかわかりませんが、無事復旧されることを願います。

2015/07/29 11:56追記

公式からのコメントが出ました。www.facebook.com
早期割引は延長するようです。不具合発生は、2015年7月26日AM2:50頃から となっています。

2015/07/30 14:24追記

CEDEC公式サイトが復旧しました。
CEDEC以外のCESACEDEC Digital Libraryのサイトについてはまだのようですが、随時復旧していくことと思われます。

トップページにお詫びが掲載されるとともに、パスワード変更が呼びかけられています。
受講申し込みなどで利用していた方はパスワードの変更をしておくとよいかと思われます。

やりがい搾取と健全な成長の境界線はどこか

久しぶりの記事です
最近やりがい搾取と成長について色々考えるんだけどもやもやしてまとまらなかったので書き出してみることにします。

やりがい搾取とは

やりがい搾取とは何だっけかということではてなキーワードから引用すると

企業風土が、従業員に“やりがい”報酬を意識させて、金銭報酬を抑制する搾取構造になっていること。賃金抑制が常態化したり、無償の長時間労働が奨励されたりすること。働きすぎの問題として、本田由紀が名付けた概念。

やりがい搾取とは - はてなキーワード

ということですね

「やりがいがある」という個人のモチベーション部分にあぐらをかき
仕事の対価として発生する報酬が少なかったり、長時間労働になったり、という
まぁ最近よく叩かれがちな問題です。

ただ、これもさじ加減の問題で、全くやりがいのない職場っていうのも
それはそれで魅力がないわけですよね。

どこからが搾取になるのか?

会社のため、自分のために努力して成長しようとすると
労働時間が長くなりがちだったり、業務時間外にセミナーや勉強会に参加したり
休日に家で開発をしたり、という動きが出てきます。

特にエンジニアは自分の成長戦略のためあえて業務外・私生活の中で
趣味的に勉強をすることが多いと思います。
でもこれって度が過ぎるとやりがい搾取なのでは…?と最近もやもやしていたわけです。

会社としても、無限に報酬を与えて会社にひきとめるわけにも行きませんので
ある程度は個人のやりがいに依存する部分も必要かと思います。
「度が過ぎると」という境界はどこなのでしょうか。

自分が満足できればよい?

報酬、労働時間、やりがい、成長性などを自ら天秤にかけて
自分が納得した上で働ければまぁよいかとも思いました。

ですが、すでに低賃金に洗脳されていたりする可能性もあるので
搾取されているいないの線引きとしてはあまりよろしくないですよね。
個人のメンタルに大きく依存するところですし。

会社が自分を見ているか

基本に戻って、やりがい搾取とは会社が個人を使い潰すというところが大前提なので
一つ上の目線に立つことで、ある程度見えてくるものがあると思います。

「会社が人を使い潰すためにいまの状況を作っていないだろうか」
「会社が自分のことを本当に思ってくれているか」
「自分がリーダーだったら、いまの状況はメンバーのためを思ってのことか」

というところで、
会社という組織が個人にフォーカスを当てることを疎かにしていないか
というところが大きいのかなと思います。

逆に言うと、マネジメント側は可能な限り個人のケアを行ったほうがよさそうだなーと思います。
コミュニケーション自体嫌いなメンバーもいると思いますがこれはまた別のトピックとして。

まとめ

まぁつまりは
f:id:j_k54:20141211164209j:plain
俺を見ろぉ!ってことですね(雑)